ケロ蔵
ちょっと聞きたいんだけど、カー君はNewラベルをキチンと使っているの?

カー君
Newラベル? そう言えば設定方法がよくわからないから使ったことがないなぁ~

ケロ蔵
Newラベルは簡単に設定できるし、ワンポイントにもなるから付けておいたほうが目立つからアクセスアップを狙うのなら覚えておいたほうが絶対にいいよ。

新しく記事を投稿したのはいいけれど、せっかくだから新着記事だというのを目立たせたいと思ったことはありませんか?

DiverではNEWラベルの設定をすることが可能です。

NEWラベルとは?

Newラベルは新しく投稿した記事や更新した記事を目立たせるためのマークです。
この設定をしておくことで訪問者から見ても、新しい記事ということがとてもわかりやすく、興味を持ってもらいやすくなります。

ラベルの紹介

ラベルを付けることによりワンポイントにもなり視覚的にもオシャレな見た目になりますよ。

NEWラベルの文章を選択

デフォルトではNewという文章になっていますが、他の文章に変更したいという場合にも簡単に変更することが可能です。

 ワードプレスのダッシュボード、左サイドバーの外観→カスタマイズを選択。

 メイン設定の中にあるNewラベル設定から設定できます。

ラベルに表示させたい文字数が長くなってしまうと文字が途中で途切れてしまったり、ラベルの長さも長くなってしまい見た目的に悪くなってしまいます。
あまり長くせず、できるだけ短くしたほうがいいでしょう。

ラベル使用時の注意点

とても便利なラベル機能ですが、使用するにあたって注意点がいくつかあります。

注意点1
斜め三角のラベルは「新着」とか「オススメ」などの日本語で表記してしまうと文字崩れしてしまいます。

日本語表記では縦書きになってしまうのでラベルからはみ出してデザインが悪くなってしまうのでアルファベットのみの表記になります。

ラベルの文字崩れ1

日本語で表記すると縦書きになってしまい見栄えが悪くなってしまいます

どうしても使いたい場合は・・・
CSSを追加することで対応することが可能です。 [外観]→[カスタマイズ]→[追加CSS]で以下のコードをコピーして貼り付けてください。
.post-box-contents .newlabel span {white-space:nowrap;}
注意点2
横ラベル以外のラベルは文字数が4文字以上になるとラベルの種類によっては文字崩れしてしまい見栄えが悪くなります。

文字数は3文字以内であれば、どのラベルを選択しても最適な表示になりますが、4文字以上の縦リボンだと4文字目が表示されなかったり改行してしまったりしてしまう不具合(仕様?)になってしまうので、4文字以上のラベルを使いたいのであれば横ラベル1・2か斜めリボンのどれかを使いましょう。

ラベルの注意点

オススメ!のメ!の文字がおかしな位置に表示されています

NEWラベルの表示する期間を選択

NEWラベルを表示する時間を変更できます。

カスタマイズ→メイン設定のNewラベル設定にある表示期間設定で1時間単位で指定することが出来ます。

例えば1日だけ表示させておきたいという場合は24と入力しておくことで投稿してから1日経過した際に自動的にNewラベルが消えます。
同様に1週間表示しておきたい場合は24✕7=168と入力します。

NEWラベルの色とデザインを設定する

左サイドバーの外観→カスタマイズを選択。

デザイン設定①の中にあるNewラベルスタイルから設定できます。

NEWラベルの文字色と背景色を選択
文字色と背景色を選択できます。

色をカラーパレットから直接選択できるほか、カラーコードを指定して選ぶ方法もあります。

カラーコードとは?
#(シャープ)と6桁の英数字で構成された識別番号の事をカラーコードといいます。 普段あまり聞き慣れない色をサイトで使用したい場合にカラーコードを入力すると簡単に指定の色を出力できます。
(例・シルバー #c0c0c0 ゴールド #ffd700)

 

NEWラベルのデザインも7種類用意されています。

新しい投稿や更新をしたページが対象となり訪問者にも新着ページと認識されやすく、アクセスアップがされやすくなります。

Newラベルのデザイン一覧

NEWラベル横リボン1

横リボン1

NEWラベル横リボン2

横リボン2

NEWラベル縦リボン1

縦リボン1

NEWラベル縦リボン2

縦リボン2

NEWラベル斜めリボン

斜めリボン

NEWラベル斜め三角

斜め三角

NEWラベル丸

カー君
へぇ~ こんなに種類があるのかぁ~
リボンのデザインもたくさんあるし使ってみたくなってきたわ。

たくさんの装飾ラベルがあり好みに合わせて色も変更できます。

トラ先生

Newマークをあまり多く付けてしまうと、訪問者から見てもどれが新着記事なのかわからなくなってしまうので、なるべく多く付けすぎないように注意しましょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事