文字数の少なさについて悩んでたりしていませんか?
あまりにも文字数が少ないと少しでも文字数を増やそうとするあまり、肝心の記事内容が薄くなってしまっては元も子もありません。

そこで今回は文字数に関して思うところを書きたいと思います。

ベストな文字数とは?

文字数に関してGoogleでは、どのくらいの文字数がベストとか明確な文字数について決まり事はありません。
なので文字数が多いと検索で順位が上がるとか少ないと上位になれないといった法則はないんです

とは言っても文字数が多いほうが検索キーワードを多く盛り込むことができるので、出来ることなら2000文字~3000文字が理想的です。
ただ最初から2000文字~3000文字書くとなると難易度が上がってしまうので文字数はあまり気にせずに書けるところだけ書いてしまって、数をこなすことによって無意識に文字数も増えていきますので、まずは記事の中身を重要視したほうが絶対にいいです。

スポンサーリンク

あまりにも文字数が少ないと意味がない

文字数はあまり重要でないと言いましたが、文字数が少なくても問題ないのかというと基本的には問題ないでしょう。

ただしあまりにも短い内容の記事だと訪問者の滞在時間も短くなってしまう傾向にあり、役に立つ記事を書くには文字数が少ないと内容を簡素になってしまい、文字数が少ないから問題というわけではなく、文字数が少ないと記事を見ている読者に伝わりにくくなってしまうという欠点があります。

文字数にこだわらず良質な記事を書くことが重要

最初のうちは文字数を気にして何度も見たりするのは止めておいたほうがいいです。
気になる気持ちはわからなくもありませんが、文字数なんかよりも記事の内容そのものが読者にとって重要な部分であるためです。
読者から見たら文字数なんてそこまで重要なものではなく、むしろ役に立ちそうな良い記事であることが重要視されます。

はじめは書いていく内容が思い浮かばず1000文字にも満たない文字数であることが多くなってしまいますが、毎日書き続けていると徐々に文字数を気にすることなく記事を量産できるスキルを身につけることができるでしょう。

スポンサーリンク
おすすめの記事