Diverではサイト下部にフッターCTAを設置することが出来ます。

下にスクロールしていくと画像のようなものがスライドしてくるので広告を表示させるのに使い勝手が良く、アフィリエイトリンクを貼りつけることが出来るので報酬につながることが期待できるでしょう。

フッターCTA

このフッターCTAを自分である程度作ることが出来て、画像も自分で用意してもらえれば簡単に貼りつけることが出来ます。

フッターCTAの作成方法

それでは実際にフッターCTAを作ってみましょう。

ワードプレス管理画面の【Diverオプション】から【フッターCTA】を選択します。

すると以下の画像が表示されます。

フッターCTA設定画面

ここの空欄を埋めていくことになります。

タイトルと画像は必ず入力しないとフッターCTAを表示させることができませんので、必ず入力するようにしましょう。

背景透過度は数値が小さいほど透過度が高くなって後ろの記事も見やすくなり、逆に数値が大きいと隠れて見えなくなってしまいます。

なので理想は間の0,5~0.6ぐらいでいいでしょう。

アフィリエイトリンクはリンク先URLの欄に入力することになりますが、ここにはhttpではじまるリンクを入力しなければ画面がおかしくなってしまうので、メルマガ用のアフィリエイトリンクを貼りつけておきましょう。

あとはサイト制作者の好みになりますので、いろいろと試してみてベストな表示を探してみてください。

スポンサーリンク

注意点

フッターCTAを利用する上で注意しておくべき点がいくつかあります。

まず1つ目に表示できるのはPCのみ対応という点です。

フッターCTAはある程度場所を使って表示していますので、スマートフォンやタブレットなど画面の小さなデバイスだとそもそも機能しません。

なのでPC専用の表示方法と認識しておきましょう。

2つ目は縦のサイズは短くしておきましょう。

先程の画像を見ていただくとわかるように、フッターCTAに被っている部分は隠れてしまい見づらくなってしまいます。

あまり画像を大きくしすぎてしまうと画面が狭く感じてしまい見づらくなってしまうので、横サイズはともかく縦サイズに関しては100px以下の大きさにしておくことをオススメします。

3つ目はリンクを設定できるのは1つだけという点です。

フッターCTAの設定画面ではリンクを設定することができますが項目は1つしかありません。

アフィリエイトをいくつも使って表示させたいと考えている方もいるかと思いますが、いくつもリンクを貼りつけるという方法は基本的には出来ないということです。

ケロ蔵
画面にフッターCTAを表示させると見づらくなってしまい邪魔に感じてしまうこともあるので、無理に表示させようとせずに状況に合わせて設定するかどうかを考えておこう。
スポンサーリンク
初心者にDiverを勧める5つの理由
Diverパッケージイメージ

初心者でも使いやすいように徹底されたUI

初めに誤解のないように言っておきますが、サイトを作成したことのない人でもすぐさま使いこなせるというものではありません。

私もこのDiverを初めて使ったときには使い方がわからずに手探り状態でした。
なので1日2日で出来るというものではないんです。

ワードプレスはサイト初心者には覚える事が多すぎて挫折してしまう人が多いのも事実です。
どんなに優れた機能を持つテンプレートでも、初心者が使いこなせるとは限りません。
一度の購入すれば何度でも利用できる

WPテンプレートを販売している企業の中には1サイトで1つのテーマしか利用ができずに複数のサイトを運営していくには必要分のライセンスを取得しなくてはならなかったりもします。

Diverでは購入者本人であれば1度購入しておくことで、追加料金の支払いは必要なく、いくつでもサイトを持つことが出来ます。

今後も進化していくテンプレート

Diverは現在も開発を続けており完成形ではありません。
これからどんどん使いやすくするために開発者が頑張ってアップデートを繰り返しています。
今後も便利な機能が増え続けていくことでしょう。

無期限・無制限の開発者によるフルサポート

どんなに使いやすいテンプレートを使っていたとしても、使い方がわからなかったりする場面は多々あると思います。

そんなときに公式のサポートがあると何かと心強かったりもします。
Diver公式HPでも言われているようにサポートの期限や回数制限がありません。

わからないことがあれば問い合わせをすることで迅速な回答を得られることが出来るんです。

インフォトップの総合ランキングで1位を獲得

下の画像は2018年2月26日に撮ったスクリーンショットですが、ランキングの常連であるSIRIUSを抜いて堂々の総合ランキング1位を取ったことのある実績があります。
ちなみにSIRIUSは総合ランキング1位を何度も獲得している商材です。

5位のLUREA(ルレア)はアフィリエイトの情報教材なのでDiverとは畑が違いますが、それでもSIRIUSと並びランキング常連の教材なので、いかにDiverの期待度が高いかを物語っています。

インフォトップランキング

その他にも沢山便利な機能が満載なのでぜひその目で確かめてみてください。

Diverの機能一覧

Diver開発者の思い

今の御時世でHP・Webサイトがないということは、あり得ないと言っていいほど殆どの企業が持っています。
個人でも、Webサイトを持っていても不思議ではない時代です。
そのため、世界中には多くのサイトが溢れていて、なかにはとても貴重な良いコンテンツを配信している方もいます。

今までは、質のよいコンテンツやサービスを提供している人に、より良い形で発信してほしいと考え直接コンタクトをとってサイト制作のお手伝いをさせていただいておりました。
中には、すでにWordpressで有名なテーマを購入したにもかかわらず全く納得できていなかったり、莫大なサイト制作費用と運用費をかけていたりと非常に残念な状況が多く見受けられていました。

アフィリエイターやブロガーは特にSEO等集客に敏感ですので、怪しい情報でも飛びつきがちです。もし、あなたのページを一回見てもらうだけでいいならそれでもいいかもしれません。しかし、良質なWebサイト・コンテンツが揃っていればあなたにファンが必ず付くはずです。
集客はSEOだけではありません。
そのページを見ていただいた方が他のページも見てくれる仕掛けや、再びあなたのサイトに遊びに来る誘導。
すべてを考えてこそ良質なWebサイトといえるでしょう。

「Diver」には良質なWebサイトの器は準備できています。 ここにあなたの良質なコンテンツを入れてみてください。すぐに実感できると思います。
きっと長いお付き合いになることかと思います。
もしご購入をお悩みでしたら、DEMOページにてサイトのイメージをしていただけたらと思います。

おすすめの記事