「ドメインって何?なんかめんどくさそうだからやりたくない」
「どうせ初心者にはわかりにくいから慣れてきたらやってみる」

ドメインというのをなんとなく聞いたことはあるものの、どういったものなのか具体的なことは全くわからないという方は多いと思います。

レンタルサーバーの使い方と同様に、独自ドメインを避けて通ることはできませんので、はじめのうちに使い方を覚えておけば今後ブログを解説する際に苦手意識をすることなく気楽に登録することができますので、この機会に覚えておきましょう。

ケロ蔵
僕もはじめはドメインが何のことがわからず、色々なサイトで調べていくうちに自分だけのドメインを取得することができたんだから、初心者だからと避けずに真正面から向き合うことで、アフィリエイターとして一歩成長することができるんだ。

ドメインとは?

ドメインについて詳しく知らないといった方のために簡単に説明しています。
本格的に知りたいという方はここよりより詳しく紹介しているサイトがありますので、そちらをご覧ください。

ドメインとは住所のようなもの

ドメインは簡単に言うとサイトの住所のことを言います。
この世界には無数のサイトが存在しており、そのサイトすべてに住所の代わりとなるドメインを設定することによって訪問者が来てくれるということです。

ドメインは基本的に借り物なので当サイトで使用している『kerozo-blog.com』というのもドメイン会社で契約し、お金を払って使用しています。

ドメインは人が見てわかりやすく識別するため

ドメインを見ると法則性のある文字列になっていることが多いです。
これはサイト運営者がわかりやすいドメインを作る際に覚えやすいドメイン名を自由に決めることが出来ます。

作り始めたサイトでドメインが登録されていない場合は、「210.172.127.231」といったような意味のない数字が並んでいるだけで人が見てもどのサイトのことだかよくわかりませんよね。

住所としては成立しますが、これだけだと味気ないサイトという印象を持たれてしまい、訪問されにくくなってしまいます。

同じドメインは存在せず世界に1つだけ

ドメインは住所の代わりとなるものになるので全く同じドメインはありません。
kerozo-blog.comというドメインは僕が既に使っているので、他の人が同じドメインを契約しようと思っても『既に使われているドメインです』という警告がされてしまいます。

ただ抜け道もあって、kerozo-blog123.comというように他の文字を付け足したり、文字の変更を1つでも変えてしまえば別ドメインと認識されて使用することが出来たりもするので、どうしても使いたい名称があって変更するのができそうにない場合には、このような工夫が必要です。

文字列に法則性をもたせよう

ドメインを契約するときに適当な文字列にしてしまうと後で後悔してしまいます。

今では当たり前になってきている検索エンジンがあなたのサイトを表示させていて、訪問者の大半は検索エンジンからの流入なのでドメインは適当でも来てくれたりします。

ですがドメインは直接入力することによってもサイトを閲覧することが可能です。
サイトが気に入ったリピーターが訪れる際にはブックマークに登録していたりドメイン名を覚えて来てくれるので、わかりやすいドメイン名であればブックマークを経由せずに直接手入力で来てくれたりもします。

法則性のない覚えにくいドメインにしてしまうとドメインを直接打ち込むことは難しくなってしまうので、サイトの入り口を狭くしているだけです。

なので自身が保有しているサイトの関連性のある覚えやすいドメインを設定しておくことをオススメしています。

長過ぎるドメインは覚えにくい

上記の覚えやすいドメインと似ていますが、長すぎるドメインも避けたほうがいいかもしれません。

SNSでは紹介しているサイトのURLを貼って紹介していますが文字列が長いと見た目が悪くなってしまい、Twitterに関しては1つのつぶやきに文字数の制限がありますので、文字列が長いとそれだけで終わってしまうこともあります。

ドメインが被ることはなくなりますが、それよりも訪問者に覚えやすいドメインにしておくことが何よりも大事なことになります。

スポンサーリンク

毎年支払うドメイン利用料について詳しく解説

独自ドメイン登録時に支払う費用は一年ごとに支払う必要があるというのは先ほど説明した通りのことですが、更新料は最初に登録した時の費用より高くなる傾向にあります。

たとえば僕が利用しているムームードメインというサービスを使ってドメインを契約しようとするとドメイン取得に必要な料金は以下の通りになります。

ドメイン 取得費用
.com \1,160
.net \1,260
.org \499
.info \299
.xyz \69
.site \69
日本語.com \1,160
日本語.net \1,260

ドメインによって取得費用がバラバラで安いドメインだと100円以下だったりします。
少しでも安く済ませようと安価なドメインを使おうと考えている場合は少し待ってください。

なぜこれほど価格差があるのかわかりますか?
登場してまだ日が浅く、認知度が低いドメインだからです。

昔から存在している.comや.netは今では当たり前のように使われているドメインなので、取得費用は1,000円以上の費用がかかっても契約してくれるお客さんがいるのです。

反対に出始めたばかりの新ドメインは一般的にあまり馴染みがないので、取得費用が極端に安くしてお客さんに多く使ってもらおうとしているんですね。

登録時に支払う費用=更新費用ではない!?

次に気をつけてもらいたいのがドメインを更新する際の更新費用についてです。

上記の表は新しくドメインを取得する際にかかる初期費用になるわけですが、1年経過すると再度更新するために改めて更新費用を支払う必要があります。

ここで注意してもらいたいのが、更新費用は取得費用と同額とは限らないということです。
たとえば格安ドメインの.xyzや.siteの取得費用は69円と安いので取得するとします。
徐々に報酬が入ってきて更新時期になり、更新の手続きをしようとすると以下の費用がかかります。

ドメイン 取得費用→更新費用
.com \1,160→\1,480
.net \1,260→\1,480
.org \499→\1,680
.info \299→\1,680
.xyz \69→\1,480
.site \69→\3,980
日本語.com \1,160→\1,480
日本語.net \1,260→\1,480

このように取得費用では格安だった.xyzや.siteは他のドメインと同様か、それ以上の値上がりしてしまい、結果費用が更に増えてしまってメジャーなドメインより割高になってしまうのです。

長くブログを続けていこうというのであれば、はじめて取得するドメインは取得費用の安さだけではなく、毎年支払う更新費用のことも考えておかないと後で後悔しますよ。

どのドメインを選べばいいの?

優先するべきドメインは【.com】がいいでしょう。

.comは最も知られているドメインで認知度が高いので使いやすいです。
なのでドメインを取得するのであれば一番に取っておきたいところでしょう。

次に候補となるのが【.net】で.comほど知名度があるわけではありませんが、知名度があるので2番候補としては有力なドメインになっています。
.comのドメインが既に登録されていた場合に.netで登録してもいいかもしれません。

とりあえずこの2つのドメインの中から選んでおくのが無難です。
あまり知られていないドメインはアダルトサイトで使われていたりしてイメージが良くなかったりするので初心者のうちは.comか.netのドメインをオススメしています。

日本語のドメインは登録しても大丈夫なの?

日本人であれば日本語のドメインを使いたいという気持ちもわかります。
結論から言うと使っても問題はありません。

今はGoogleの検索エンジンも賢くなって日本語のドメインでも検索にヒットされるので、日本語ドメインだからといってSEOが不利になるといったこともありません。

ただ日本語ドメインはちょっと癖があって、Punycode(プニコード)という文字列に変換してから使うことになります。
そして日本語ドメインならではのデメリットもあったりするので利用する際には注意しておきましょう。

日本語ドメインはPunycodeに変換される

日本語ドメインでブログを解説して興味を持った人がSNSで紹介する場合にはPunycodeで変換されたURLを記述しないとリンク先に移動することが出来ないです。

わかりやすく言うとたとえば僕が【http://ケロ蔵ブログ.com】というサイトを開設して訪れてくれた読者に気に入られてTwitterで紹介してくれたとします。
Twitterで紹介してくれたURLアドレスは上記のhttp://ケロ蔵ブログ.comではなく、【http://xn--qckb5iwdb8650k.com】に変換されてしまいます。

何も知らない人からするとなんのサイトだかわからないので、このURLをクリックするのは少しためらってしまいますよね。
僕だったらリンク先の説明がない限りクリックせずにスルーしてしまいます。だって何のサイトだかわかりませんから。

このように日本語ドメインは日本人に馴染みのある日本語を使ったドメインで覚えやすいという特徴はありますが、反面インターネットの世界になると英数字のドメインよりも若干使いにくいといったデメリットも存在してます。

ドメイン名は一度決めたら変更できない!?

レンタルサーバーは引っ越しなどで変更することが可能ですが、ドメインは一度取得してサイトを作ると後で変更をすることが出来ません。

これから育てていく子供の名付けと同じように慎重に考えてドメインを決めましょう。
「このドメイン名がやっぱり気に入らなかったから別の名前で新たに作ろう」とするとドメインが検索エンジンに認識するまでに時間がかかってしまいます。

トラ先生
ドメインのことを理解しようとするととても大変で頭がついていかなくなってくるかもしれませんが、やってみないことには覚えることもできませんので、はじめからすべてを理解しようとせずに、徐々にでもいいのでやっていきましょう。
スポンサーリンク
おすすめの記事