サイトのデザインをしていく上でカラムの事をメインコンテンツの位置とサイドバーの有り無しを考えておく必要があります。

Diverではカラムを簡単に変更することが出来るので、どのカラムがサイトに馴染むか試すことが出来ます。
今回はカラムの変更方法と効果について解説していきたいと思います。

カラムとは?

まずはじめにカラムという語句を知らないという方のために説明をしますと、カラムとはサイトのメインコンテンツにある列を意味しています。

カラム

サイトで良く耳にする1カラム・2カラム(右/左)・3カラムというのはメインコンテンツとサイドバーと組み合わせのことと考えてもらっていいでしょう。

ほぼすべてのサイトが1カラム~3カラムのどれかを基本にサイトデザインを行っていますので、サイトを作ろうと思ったら必ずカラム数を決めておく必要があります。

Diverでは1カラムと2カラムの設定をすることが出来ます。
3カラムは残念ながら対応していません。
ただ3カラムは使いこなすのが難しく、両端にサイドバーが表示されてしまうので、記事本文が細くなってしまい初心者が使うのはオススメできません。

スポンサーリンク

カラムの変更方法

それでは実際にサイトのカラムを変更してみましょう。

ワードプレス管理画面の【外観】の【カスタマイズ】を選択。

【レイアウト設定】のサイドバー表示位置設定を変更することでメインカラムの変更を行うことが出来ます。

1カラムにする場合は非表示にすることでサイドバーが非表示になり、メインコンテンツのみ表示されます。

1カラム

2カラム右
2カラム右

2カラム左
2カラム右

それぞれのカラムの特徴を把握しておこう

適当にカラム数を決定しても

1カラム

サイドバーを一切表示させず、メインコンテンツのみ記載されます。
ライディングページに最適で販売ページはほとんど1カラムになっている傾向があります。

サイドバーがないので記事を最後まで読んでもらえる可能性がある反面、途中で他のページを読んでもらえる可能性が低くなってしまうので、ある程度工夫が必要になっています。

スマートフォンも1カラムになっているので違和感なく表示させることが出来るのが特徴です。

2カラム

サイドバーが左右どちらかに表示されるので、バランスのいい情報量になりやすく、メインコンテンツやリンクへの誘導もしやすいです。

初心者であればまずは2カラムから初めてみて慣れてきた時に1カラムにも挑戦してみたほうがいいと思います。

左右どちらにすればいいのかは好きの方を選んだほうがいいでしょう。

3カラム

メインコンテンツを真ん中にしてお両サイドにサイドバーを表示させることが出来るデザインになっています。

3カラムは初心者が扱うには難しく、サイドバーを上手に使うことが出来ずに広告だらけのサイトが非常に多くうまく使いこなせていない所が大半です。

メインコンテンツもサイドバーに圧迫されて狭くなるので、読者の目に届きにくかったりしますので、こだわりがないのであれば他のカラムにしておいたほうがいいでしょう。

最初のうちは2カラムを使っていこう

1カラムと2カラムのどちらを使っていくべきか迷うと思います。
3カラムのサイトはあまり見かけないので無理して3カラムにする必要はないでしょう。(3カラムにこだわりがあるのであれば別ですが・・・)管理人の考えとしては最初は2カラムを使うべきでしょう。

ほとんどのサイトではメジャーな2カラム右を使っている所が多く、メインコンテンツを中心に読んでもらいたいのが理由です。

1カラムはサイドバーが一切なく、他のページにも誘導しにくかったりするので、特別な理由がない限り使う必要は無いかと考えます。
(たとえば商品の紹介ページや最後まで見てもらうのを前提にしている記事など)

そしてサイドバーを左右どちらにしておくのがいいのかは初めのうちはあまり気にしなくてもいいかと思います。

ある程度記事が集まってから出ないとアクセスもほとんどありませんので、サイドバーをどちらに設置しておくかを決めるのはそれからでも遅くはないでしょう。

一般的にはサイドバーは右にしている人が多いです。

スポンサーリンク
おすすめの記事